おにれんぼ-逃げ回るJKを捕まえてヤりまくれ-

女子高生

今回はなかなか衝撃的な作品を紹介しに参りました!
タイトルからお察しの通り、かくれんぼとおにごっとが合わさった不思議なゲームが静まり返った夜の学園内で行われているのです。
参加料は1時間1万円。
ただし、学園内で隠れてたり逃げている女の子を見つけたら、過度な暴力行為以外は何をしてもOKというルール付き!

彼女もいない、童貞歴=年齢の主人公:一樹はちょっぴり怪しいこの話に飛びつくことに。
だって、このゲームにはクラス1の美女の平田さんまで参加していたんですもの。
平田さんに触る機会なんて普段あるはずもない一樹。
本当に平田さんに手を出してもいいのか迷っている時に、なんと平田さんは逃げるためにシャーペンを一樹の足に刺してきました。

そんな衝撃の展開からこれは遊びなんかじゃない。
マジのサバイバルゲームなんだ!と気づいた一樹は、遠慮なく平田さんのおっぱいやお尻を揉みまくります。
初めての女子の感触、そしてぷるぷるの瑞々しいおっぱいを目の前にしたら、止まらなくなってしまいますよね。
一樹の興奮は最高潮です!
目の前で涙目でされるがままになっている平田さんに、いよいよ挿入しようとした矢先、謎のゲーム進行役から時間切れを言い渡されてしまいます。
初回無料の体験は20分限定だったのです。
めちゃくちゃいいところで止められてしまう形となりました。

こんな寸止め、あんまりですよね…。
クラス1の美女が目の前で秘部をむきだしにしていて、後は挿れるだけなんですもの。
いよいよ引っ込みがつかなくなった一樹は1万円を支払って、ゲームに本格参戦することにしました。

お金を払った以上、何としてでも女の子とエッチしたい一樹は、女子なら誰でもいいとばかりに必死に探しまくります。
そして、やっと見つけた女子はなんと幼馴染の真緒でした。
戸惑う真緒をよそに、ブレーキが利かなくなっている一樹は愛撫もなしに即挿入!!

いくらなんでも余裕なさ過ぎだろ~、とこっちはツッコミたくなってしまいますが、高校生にとっての1万円って大きいですしね。
それにこんな異様な状況だったら、普段は我慢できるとこでもできなくなっちゃうものかもしれません。

「痛い!」「やめて!」と必死に訴える真緒ちゃんの顔も最早一樹にとっては興奮材料となってしまうのかもしれません。
その生々しさは読んでいるこちらにも伝わってきて、息をひそめて見つからないように隠れていた緊迫感や、見つかって犯されてしまう無常さなど、もう全てにドキドキしてしまうんですよ。
私もページをめくる手が止まらなくて、どんどんとストーリー購入をしてしまった程です。

他にも、一樹の友達の健二や、柔道チャンピオンの女子、優等生の大人しい女子まで幅広い魅力的なキャラクターがゲームに翻弄されていく様子も描かれているので、臨場感たっぷりのスリル溢れる漫画を読んで私のようにドキドキしてみませんか?
まるで自分が参加しているような不思議な興奮を覚えられるはずです。


BooKLiveコミックなら無料で試し読みできます。今なら初月は無料のキャンペーンも!